よくある質問

言語聴覚士について

  • 言語聴覚士とは、どのような職業ですか?Answer
    言語聴覚士は、「コミュニケーション障害」を持つ人に対して、その人の自立と社会参加を支援しています。
    「コミュニケーション障害」の内容は多岐にわたり、ことばの障害、聞こえの障害、発音の障害、また、摂食・嚥下(えんげ=飲み込むこと)の障害や、認知症・記憶障害などの高次脳機能障害にも対応します。
    言語聴覚士によるリハビリテーションは機能回復に向けた訓練・指導とともに、患者さんを心理的にサポートすることも大切な仕事です。
    また、医師・歯科医師・看護師・理学療法士・作業療法士など医療専門職、ケースワーカー・介護福祉士・介護援助専門員などの保健・福祉専門職、教育、心理専門職などと連携し、「チーム」の一員として情報を共有し協力して支援にあたります。
    閉じる
  • 言語聴覚士の男女比、年齢構成比を教えてください。Answer
    言語聴覚士の職能団体である一般社団法人日本言語聴覚士協会の会員データによると、言語聴覚士の男女比は、女性が約8割、男性が約2割を占めています。
    年齢構成比は、20代が全体の約3割、30代が全体の約4割を占めており、若い人が多いことが分かります。
    さらに詳しいデータは、一般社団法人 日本言語聴覚士協会のWebサイト「会員動向ページ」をご覧ください。 
    【日本言語聴覚士協会Webサイト】http://www.jaslht.or.jp/trend.html
    閉じる
  • 言語聴覚士の方は白衣を着て仕事をするのですか? 勤務中の服装について教えてください。Answer
    医療従事者の制服と言うと、医師が来ている長袖のコートのような白衣や、看護師が着ている白衣をイメージしますが、
    言語聴覚士は「ケーシー型」と呼ばれる、半袖で動きやすさを重視した上下セパレートの白衣を着用しています。
    本Webサイトのトップページや「言語聴覚士の一日に密着」のページに登場する女性が着ているのが「ケーシー型」の白衣で、
    これは1960年代のテレビドラマ「ベン・ケーシー」の主人公(脳外科医)が着用していた白衣に由来しています。
    また、最近はポロシャツ等を導入している施設もあります。
    閉じる
  • 言語聴覚士の「適性」について教えてください。Answer
    言語聴覚士は、生身の人間を相手に仕事をするので、人間そのものに興味や関心がある人、相手に共感しようとする心を持った人が向いています。
    また、言語聴覚障害の学問・技術は日々発展しているため、資格取得後も生涯学び続ける意欲を持ち続けることが大事です。
    その他、医療や保健、福祉、教育などあらゆるジャンルの職種の人と連携をして支援を行うことから、「協調性」を持つことも大事です。
    閉じる
  • 言語聴覚士という職業のやりがいと、大変なところを教えてください。Answer
    言語聴覚士が仕事を通じて得られるやりがいとして1番大きいのは、やはり「患者さんの回復を感じた時」や「患者さんの家族から喜びの声をもらった時」という声を多く聞きます。コミュニケーション障害は、一度や二度の訓練で急激に症状が改善したり、問題がすぐに解決することは少なく、回復や改善までの道のりは長くなることが多いものです。
    相手のペースに合わせて根気強く訓練を行っていく中で、なかなか症状が改善しない時には「大変さ」を感じることもあると思いますが、だからこそ、患者さんからの良い反応や機能回復の兆候が見えた時の「喜び」や「やりがい」は非常に大きく、言語聴覚士の原動力になっています。
    閉じる
  • 結婚や出産などでライフスタイルが変化しても長く働くことができますか? また、病院勤務の場合、夜勤などがあるのか心配です。Answer
    言語聴覚士は女性が多い職種ですが、産前・産後休暇や育児休暇を活用したり、また託児所を併設している施設も多いことから、
    出産後も仕事を続けることが可能です。
    また、言語聴覚士は国家資格であるため、一時的に職を離れる時期があっても再就職は比較的容易であり、
    これまでの経験を次のステージに活かせるのも特徴です。
    また、リハビリは夜間にはしない為、夜勤はありません。
    閉じる
  • 女性が多い職場だという情報を見かけましたが、男性でも働けますか?Answer
    言語聴覚士の職能団体である、一般社団法人 日本言語聴覚士協会では会員の約8割が女性のため、
    女性向きの仕事に思われがちですが、 そんなことは全くありません。
    多くの男性がスペシャリストとして活躍しています。
    閉じる

資格・国家試験について

  • 言語聴覚士の国家試験について、試験概要を教えてください。Answer
    言語聴覚士国家試験は毎年1回、2月中旬に行われています。開催場所は、北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県及び福岡県の全国6都道府県です。
    試験方法は5肢択一式の筆記試験で、試験科目は、基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学及び聴覚障害学です。H25年度の受験料は35,700円でした。
    閉じる
  • 言語聴覚士の試験はどんな内容ですか?Answer
    言語聴覚士国家試験は毎年1回、2月中旬に行われます。試験の内容は5肢択一式の筆記試験です。
    午前中100問、午後100問の計200問が出題されます。
    合格基準は例年120点以上です。試験問題は医学総論や解剖学、生理学などの基礎科目から100問、失語症や吃音、聴覚障害など専門科目から100問が出題され、幅広い範囲から出題されます。
    閉じる
  • 言語聴覚士の試験は難しいですか?Answer
    全体の合格率は60%台と低く言語聴覚士は難しいという印象を受けますが、これは既卒者を含めた合格率です。
    養成校の新卒者の合格率は80%を超えており、養成校でしっかりと授業の内容を修得していれば合格できる状況であり、それ程の難関ではありません。
    また、各養成校では最終学年になると国家試験合格に向けた準備や対応が行われます。
    閉じる

就職について

  • 言語聴覚士の資格取得後、就職はできますか?Answer
    言語聴覚士の数は毎年増えていますが、それ以上に需要があり、数が不足しているというのが現状です。需要にともなって求人数も年々増加しており、そのため就職活動を行えば、就職先に困るということはあまり無いようです。
    なお、養成校(専門学校・大学)に通う学生の場合、就職活動は一般的に最終学年の秋ごろから行い、翌年の1月までに就職先が決まることが多いようです。
    言語聴覚士の国家試験は毎年2月に行われ、合格発表は3月に行われますので、就職は資格が取れることが前提となることがほとんどで、国家試験が不合格だと内定取り消しとなります。就職活動中もしっかり試験勉強に励みましょう。
    閉じる
  • 言語聴覚士の平均年収はどのくらいですか?Answer
    言語聴覚士の給与については、勤務先施設の規模や種類、地域、常勤・非常勤などの働き方によってばらつきがあり、 一概に「平均年収は〇〇〇円」というように算出することができません。
    自分が将来働く姿を想像し、勤務先は「医療機関」なのか「介護施設」なのか、働き方は「常勤」が良いのか「非常勤」が良いのかを考えて、
    同じような条件だと給与はいくらくらいなのか、Webサイト等で公開されている求人情報を参考として見てみるのも良いでしょう。
    閉じる
  • 言語聴覚士の求人数の動向は今後どうなりますか?Answer
    高齢化が進む社会においては、老化に伴う老人性難聴や摂食・嚥下(えんげ=食べ物を飲み込むこと)が困難になるといった障害や脳血管疾患による言語障害を持つ人の数が増えていきます。つまり、それだけ言語聴覚士を必要としている人が増えている、ということです。近年では言語聴覚士の数が足りない状態になっており、求人数も年々増加していくことが予想されます。
    閉じる

養成校・進学について